更年期障害による匂いの悩みやその他の症状

更年期の時期は月経が終わってからではありません。正確には閉経する前と閉経した後の約10年間に症状がでます。

人によっては更年期障害を経験しない人もいます。一般的には45~55才が更年期の期間と言われています。月経の初まりが違うように閉経も違います。更年期に入ると女性ホルモンのバランスが崩れいろいろな症状が次から次へと出てきます。

判断のつきやすい症状は「ホットラッシュ」という症状です。のぼせやほてりです。急にほてりだし汗をかいたかと思えば寒気がしたりします。

これは、自立神経のバランスが崩れる事で起こります。次に不眠症です。更年期で女性ホルモンのエストロゲンが減少する事によって自立神経が異常を起こします。なかなか眠れなかったり、何度も目が覚めたりします。

理由もなくイライラしたり、つまらないことで落ち込んだり、急に泣きたくなったりと感情が大きく乱れます。ほうっておいてもいい方向に向かう事はないと言われています。

続くとうつ病やパニック症になる可能性もありますので、更年期障害の治療をうける事をオススメします。だいたい診察を受けると「ホルモン補充療法」と言う治療をうけます。飲み薬を飲むだけでかなり楽になりますので一人で苦しまないで素直に治療を受けましょう。

体臭が代わり、匂いがきつくなるという症状もあります。
気になる場合は、病院などで相談するのもよいでしょう。

更年期障害の症状と対策法